忍者ブログ
リズムシたちの制作日記やつぶやきなどなど。など。
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [66





Miles Davis
『In Person, Friday Night At The Blackhawk, San Francisco Vol.1』
『In Person, Saturday Night At The Blackhawk, San Francisco Vol.2』 1961

オススメ度
凡人:☆☆☆☆
刺激的なジャズが聴きたい方:☆

和声レベル:ハードバップ
リズムアプローチ:スウィング

*********

Vol.1

1.Walkin'
2.Bye Bye Black Bird
3.All Of You
4.No Blues
5.Bye Bye (The Theme)
6.Love, I've Found You

Vol.2
1.WELL YOU NEEDN'T      
2.FRAN-DANCE      
3.SO WHAT  
4.OLEO      
5.IF I WERE A BELL      
6.NEO

Miles Davis(tp)
Hank Mobley(ts)
Wynton Kelly(p)
Paul Chambers(b)
Jimmy Cobb(ds)

*********

素晴らしい演奏だらけ、でも刺激が足りないといった印象。
どんどん新しい音楽を作っていったマイルス・デイヴィスの作品としては
駄作だとも感じてしまいます。
伝統音楽としてのモダン・ジャズの録音と考えればとても良い見本。
そんな感じでしょうか。

ブラックホークでのライブを記録したアルバム。
マイルスにしては珍しく、とても"普通のジャズっぽい"のです。
『Someday My Prince Will Come』と同じく、ウイントン・ケリー、ジミー・コブの健康的な抜群のスウィング感がその"ジャズっぽい"感じを出していると思うのですが、これが個人的にはどうもおもしろくない。

どの曲も、安全運転な感じ。「おおっ」とか「あれっ」と思う部分がない。
ウイントン・ケリーの演奏はマイルスのお気に入りだったと言われていますが、本当にこれで満足していたのでしょうか。

と、けなしてばかりですが、やはり一流の演奏ではあります。
スウィング感を勉強したいプレーヤー、"ジャズっぽい"マイルスが聴きたい方、どちらにもおすすめ。

コンプリート盤↓では、

合計4枚組みのセットになっていて、曲数が増えています。
同じ曲も何度か演奏しているので、聴き比べがしてみたい方はこちらをおすすめします。


◇Pick up!!◇
Vol.2
2.FRAN-DANCE
『1958 Miles』に収録されていたマイルスのオリジナル。
初めて聴いたとき、なんとダサい曲なんだと思った覚えがあります。
今あらためて聴くと、意外といい曲かなとも思うのですが。
 『Someday My Prince Will Come』のジャケットに写っている、フランシス・テイラーのために作られた曲のようですね。
フラダンスともかけているのでしょうか。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
なまえ:
成瀬つばさ
誕生日:
1986/12/24
職業:
メディアアーティスト学生
自己アピールらん:
音大卒の美大院生。
絵を描いたり音のおもちゃを
つくったりしてます。
なかよくしてね。



国立音楽大学
音楽文化デザイン学科
コンピュータ音楽系 卒業

多摩美術大学 大学院
情報デザイン領域
twitter
web
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI