忍者ブログ
リズムシたちの制作日記やつぶやきなどなど。など。
[83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Miles Davis『'Round About Midnight 』1956

オススメ度
凡人:☆☆☆
あのキメが聴きたい人:☆☆☆☆

和声レベル:ハードバップ
リズムアプローチ:スウィング

*********

1. 'Round Midnight 
2. Ah-Leu-Cha 
3. All of You 
4. Bye Bye Blackbird 
5. Tadd's Delight 
6. Dear Old Stockholm 

Miles Davis(tp)
John Coltrane(ts)
Red Garland(p)
Paul Chambers(b)
Philly Joe Jones(ds)

*********

このジャケットは、やばい。
これ以前のレコードはマイルス自体が写っていなかったり、写っていてもパッとしないものが多いのですが、このジャケットは、やばいでしょう。

この頃から、アイドルやスターのようにかっこよくキメている写真が増えていきます。
マイルスの中で、自分自身のイメージ戦略が定まってきたのでしょうか。
もっとも、そのイメージを人に話したりは絶対にしなかったでしょうけれど。

表題曲、'Round Midnightでは、テーマの最後にあの有名なキメが聴けます。
アレンジは、マイルス・デイヴィスについて語る際には重要人物であるギル・エヴァンスによるもの。
これが聴きたくて、何度もCDをかけてしまいます。

他にも、この後長い間レパートリーとしてライブで演奏していくAll of You、歌心たっぷりのBye Bye Blackbirdなど、ジャズのスタンダードとなっている曲も多く収録。
初心者にもおすすめできる一枚です。

◇Pick up!!◇
4. Bye Bye Blackbird
このくらいのミドルテンポの曲だと、マイルスがいかに考えてソロをとっているか、よく伝わってきます。
音数は少ないけれど、全部に意味があることを感じさせる演奏。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
なまえ:
成瀬つばさ
誕生日:
1986/12/24
職業:
メディアアーティスト学生
自己アピールらん:
音大卒の美大院生。
絵を描いたり音のおもちゃを
つくったりしてます。
なかよくしてね。



国立音楽大学
音楽文化デザイン学科
コンピュータ音楽系 卒業

多摩美術大学 大学院
情報デザイン領域
twitter
web
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI