忍者ブログ
リズムシたちの制作日記やつぶやきなどなど。など。
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 デザインとバウハウス

 

 

18世紀 産業革命

イギリスに始まり、ヨーロッパへ広がる

蒸気機関の発明、職人の熟練労働を奪う。

1830年頃よりイギリスでは、日常使うほとんどの生活用品が工場生産に。

→品質は粗悪だったため、特権階級の人々は優美な手作り品を愛用し続けた。

 

ウイリアム・モリス・・・近代デザインの父

1880年、工場生産によるものづくりを改めようと、アーツ・アンド・クラフツ運動をおこす。

工業の芸術化。新しい時代の造形美。

・建築、家具、調度品、壁紙、ステンドグラスetc…

 

 

19世紀末 アール・ヌーボー

パリを中心に展開。無機質な工業製品への反発、写真術出現によるリアリティの回避。

植物的曲線を用いた建築、家具、ガラス製品、工芸、ポスター、イラストレーションetc…

アントニオ・ガウディの建築

アルフォンス・ミュシャのグラフィックデザイン

ティファニーの宝飾

ウイーンでは芸術家グループゼセッション(ゼツェッション)が活動。

→機械生産を前提とした幾何学形態を活かす。(後にアール・デコバウハウスに影響を与える)

イギリスではグラスゴー派マッキントッシュが活躍した。

 

 

1907年 DWB ドイツ工作連盟設立

ヘルマン・ムテジウスペーター・ベーレンスによるアーツ・アンド・インダストリー運動。

工業化社会を受け止め、機械生産による機能と造形美を追求。

→機能主義とデザインコンセプトを取り入れた製品づくりの誕生。

工業生産の規格化(現在JIS規格の原型)によるコスト削減、品質・生産性の向上

デザインの概念を確立

 

ボルトやナットなど小さなパーツから住宅まで基準を設け、部材の単位を決める。

→全体との比率の重要性に気付き、新しい造形学の必要性が発生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1919年 国立バウハウス

世界初のデザイン教育機関。

DWBメンバーでもあるワルター・グロピウスが設立。

美術、建築、工業、手工業、工芸など造形の原理・理論の実習を通じ、芸術と技術とを統合することを信念とした。

ヨハネス・イッテンは予備過程を受け持ち、独自の造形論、色彩論を展開。

 

1925年 市立バウハウス

校舎はデッサウに移る。校舎設計はグロピウス。

グロピウスの建築は世界に大きな影響を与えた。

国際様式(インターナショナルスタイル)として建築の近代主義(モダニズム)の基盤を形成。

 

新教授陣も新しいデザインを試みる。

マルセル・ブロイヤー・・・金属パイプの椅子

マリアンネ・ブラント・・・電気スタンド

オスカー・シュレンマー・・・舞台芸術

ハーバート・バイヤー・・・タイポグラフィ、グラフィックデザイン

モホリ・ナギ・・・写真実験、光の造形

 

カンディンスキーパウル・クレーココシュカら画家も教授陣に加わる。

 

近代建築の巨匠ル・コルビュジェはバウハウスの教育方針に賛同。

近代国際会議(CIAMにグロピウスとともに参加。

 

1928年、グロピウスはバウハウスを去り、学長はハンネス・マイヤーに。

しかしマイヤーは1930年に解雇。ミース・ファン・デル・ローエが3代目学長に。

ワルター・グロピウス、ル・コルビュジェ、ミース・ファン・デル・ローエの3人はともにベルリンの建築家でありDWBにも参加していたペーター・ベーレンスの下で働いていた時期がある。

 

1932年 私立バウハウス

ナチスの弾圧によりベルリンへ校舎を移す。

 

1933年 バウハウス閉鎖

更なる弾圧に耐えきれず、閉鎖。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
なまえ:
成瀬つばさ
誕生日:
1986/12/24
職業:
メディアアーティスト学生
自己アピールらん:
音大卒の美大院生。
絵を描いたり音のおもちゃを
つくったりしてます。
なかよくしてね。



国立音楽大学
音楽文化デザイン学科
コンピュータ音楽系 卒業

多摩美術大学 大学院
情報デザイン領域
twitter
web
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI